網膜剥離との付き合い方

網膜剥離になってしまった恐怖と、そんな目との付き合い方のブログです。

夢を一緒に見れるけど、あなたの現実はわからない

ぼくが網膜剥離になって、年月が経ちますが、このブログでは医学的なことは言えません。

 

医者じゃないから。

 

自分が行った手術、入院生活、入院前後などのことを書いて、少しでも同じような病気になってしまったひとが気持ち穏やかになったり、これからこの病気で入院するひとたちが、落ち着いた気持ちで入院生活を過ごしてくれたら最高なわけで。

 

網膜剥離のことや、手術名などは書けますが、詳細には書けません。

それは専門の先生に聞いてください。

 

決して投げやりというわけじゃないですよ。

ぼくで書けることはもちろん書いていきます。

なぜそう思ったかと言えば、とある網膜剥離のブログを読んでいて、『あ、こいつこの病気になったことないくせに、あたかもなったかのように書いている』と思ったからです。

そういう中途半端なものを読んで、後から後悔するのはもったいなくないですか?

 

ぼくは網膜剥離になったときに、必死に調べましたよ。

病院はどこがいい、先生は誰がいい。

でもそれを調べたところでその病院に行くことなんてできなかった。

時間がなかったわけです。

 

タイトルが気持ち悪いの気づいていました?

夢を一緒に見るって。

お前誰だよって感じですよね。

このタイトルは、網膜剥離で苦しんでいるひとと共有したいと思ったからです。

でも治るか治らないかはそのひと次第なんですよ。

ぼくは今何とか目が見えていますが、この病気で失明しているひとだっているかもしれない。

結局どうなるかなんて人それぞれ。

それが分かっているのに、網膜剥離になっても絶対に治るからなんて言えないですよ。怖くて。

 

ぼくは未だに不安です。網膜剥離は再発するから。

再発するかもという不安と同時に、網膜剥離で失ったものも多いです。

 

例えば、ぼくはサッカーをやっていましたが、いまだにできてない。

ここまで来ればできるかもしれないけど、剥離してしまう不安がある。

先生には頭部にダメージが起こりえることはするなと言われています。

 

と考えると、もう団体スポーツは無理かなとも思うわけで。

 

そうやって当たり前にできていたことが失われる。

もしかしたら、免許の更新も通らないかもと思っていたけど、あれは両目で見れればいいから、更新はできました。

 

手術は成功したけど、失うものもでてきてしまう。

 

自己責任とかいうつもりはないですよ。

ただこうならないために、日頃からケアをしておくことが一番なんですよ。

 

結局そこにいきついちゃうんですよね。

毎度申し訳ないっす。