網膜剥離との付き合い方

網膜剥離になってしまった恐怖と、そんな目との付き合い方のブログです。

入院

網膜剥離の入院で必要なもの

入院生活ってかなり暇です。 ひとりになれるし(相部屋だけど)、自由に動けると思っていました。 でも実際は、目が安定するまではうつ伏せになっていなくてはならない。 苦痛というか、何かの修行のようです。 そんな入院生活で、こんなもの持っていってもい…

網膜剥離の入院生活って何をするの?

網膜剥離の手術が終わると入院生活に入ります。 硝子体手術での入院生活は2、3週間だと思います。 『網膜剥離 手術』とかで検索してみると、日帰り手術で帰れるという眼科もあるけど、あれってどうなんでしょう。 まあ、軽度なら大丈夫なんだろうけど、硝子…

手術後の目にとって危険なのは感染症

手術してから入院生活が始まります。 網膜剥離の入院の苦しさは、下を向いていないといけないことです。 例えば、硝子体手術だと、大体半月ほどの入院生活を伴います。 ガスが抜けるのが一週間から二週間。 ガスが抜けなければ退院はできないし、うつ伏せか…

網膜剥離の手術後に下を向いていないといけないわけ

網膜剥離の苦しさは、24時間下を向いて(うつ伏せ)いなければならないことです。 これはかなりの苦痛を伴います。 現実的には24時間下を向いているなんて不可能ですよ。 寝ている間に横向きになっていないとは言い切れませんし。 極力ということです。

入院生活は別に楽しくもなんともない

入院生活はとりあえず暇です。 だって何もできないから。 数日は横を向くこともできないから、テレビだって観られない。 ラジオぐらいですかね。 でも埼玉医科大学は他の病棟は知らないですけど、眼科病棟はラジオすら入りません。 使えねー。

地獄の入院生活に看護師さんは遊んでくれるの?

目は大事なもの 目の手術なんて息が詰まります。 これを読んでいただいている方の中には網膜剥離の手術をこれから受けるひともいると思います。 不安でしょうがないでしょうけど、大丈夫ですよ。 なんてことはない。

網膜剥離の手術後は地獄の始まり

網膜剥離の手術が終わって 手術が終わった安心感と、すでに19時ごろでしたので、お腹も減っています。 こういうときでも、ごはんを欲してしまうのです。 入院中の夕飯は18時からですが、特別に残しておいてくれました。 左眼は当然ですが、眼帯をしています…

手術自体はびっくりするほど痛くない!

ついに手術が始まります と言っても、ここからはほとんど何が起きているかは分かりません。 聞こえてくるものと言えば機械の音、時に聞こえる先生の話し声とAKBだけ。 はっぴはっぴーばーすでー♪ いやいや、全然めでたくないよ! 手術は何が行われているのか…