網膜剥離との付き合い方

網膜剥離になってしまった恐怖と、そんな目との付き合い方のブログです。

目を縛るんだから痛くないはずがない

網膜剥離の手術は怖いです。

目に針が近づいてくる恐怖は実社会ではなかなか味わえないもの。

以前書きましたが、網膜剥離の手術は二種類あります。

硝子体手術と、バックリング手術。

このふたつは一長一短です。

網膜剥離の手術を行っている、最新の病院はこれ以外の手術も行っているようです。

もっと最先端の。

続きを読む

目にブルーベリーが良いなんて本気で信じてるの?

ちょっと網膜剥離の話から離れますが、ドラッグストアに行けばサプリメントがたくさん売っています。

その中でもブルーベリーのサプリは各社から出ています。

パッケージを見れば、目に良いという文字が。

続きを読む

網膜剥離になったら、一生怯えながら生きていかなくちゃいけない

と、まあ脅しで入ってみましたが、タイトル自体は過言ではないです。

だって、目はふたつしかないから。

それが見えなくなれば終わりなわけで。

わたしは自分がこんな病気になるとは思っていませんでした。

ほとんどの人がそう思って生きているでしょうけど。

目が見えなくなるということは、恐怖以外の何物でもない

わたしは術後かなり月日が経ちましたが、眼科に定期検査に行くときは未だに怖いです。

もし剥がれていて、再手術になってしまったらと脳裏をよぎります。

もう、あんな入院生活はしたくない。

わたしがディズニーで味わったあの恐怖。

目が見えない恐怖。

あれは未だに忘れることができません。

 

ちょっと誤解を恐れずに書きますけど、目が何も見えなくなってしまった場合、これは視界が闇になります。黒。

でも、生まれつき盲目の人が見えているものは、わたしは闇ではないと思っています。

じゃあ何か?それは盲目の人にしかわからないけど、決して闇ではないと思うんですよね。

その人達には見える何かがある。

 

しかし目が見えている人が今まで見えていたものが、闇になるって怖くないですか?

カラフルな世界を見ていたいという気持ちもありますが、好きな人の顔が見えなくなってしまう恐怖って、人間辞めますか?と問われているようです。

まあ、辞めないでしょうけど。

 

網膜剥離の前兆を知る

これが分かったらめちゃくちゃ楽ですよ。

わたしの場合はもうべろんと剥がれていたわけですが、もっと早く気づけば、ここまでにはならなかった。

前兆を知るきっかけになるのは、飛蚊症なんですね。

目の前に蚊みたいな黒い物体がずっと飛んでる違和感を覚えたら、病院に早めに行ったほうが良いですよ。

 

網膜剥離は初期段階ならレーザーで治療できます。

レーザーを当てて、剥がれた部分をくっつけます。

正直、痛みが結構あるものなので、わたしは好きじゃないのですが、これで済めば万々歳ではないでしょうか。

 

可能なら、普段から意識して片目づつ確認してみるのもとても大切です。

特に目が悪い人、DVを受けている人は確認が必須であります。

網膜剥離の入院で必要なもの

入院生活ってかなり暇です。

ひとりになれるし(相部屋だけど)、自由に動けると思っていました。

でも実際は、目が安定するまではうつ伏せになっていなくてはならない。

苦痛というか、何かの修行のようです。

そんな入院生活で、こんなもの持っていってもいいんじゃない?というものを紹介します。

続きを読む

網膜剥離の入院生活って何をするの?

網膜剥離の手術が終わると入院生活に入ります。

硝子体手術での入院生活は2、3週間だと思います。

網膜剥離 手術』とかで検索してみると、日帰り手術で帰れるという眼科もあるけど、あれってどうなんでしょう。

まあ、軽度なら大丈夫なんだろうけど、硝子体手術で日帰りってとこもあります。

入院生活という、ある意味束縛の中で手術後は生活をしていきます。

だから監視もあるし、気をつけようという生活になると思うんですよ。

それがすぐに帰宅して家に帰れるというのはね。

人間そんなに強くないと思いますけど。

一日の過ごし方

朝7時に朝食になります。

朝食後に看護師さんが順番に回ってきて、便の回数や体温を測っていきます。

その時に瞳孔を開く目薬をつけて、朝の診断に備えます。

1時間弱で呼ばれて、パジャマ姿で先生のところに向かいます。

当然ですが、入院患者用の診断室ですので、すぐに始まります。人数が多いですけどね。

これが終わると一日はもう終わりです。

午前と午後の空いている時間にシャワーや洗髪があります。

これは、2日か3日に1回でした。

そして12時に昼食。

そして18時に夕飯。

21時に就寝という、健康的すぎる生活を送ることができます。

面会時間は13時~19時まで。

面会に誰も来なければ暇ですね。

暇なら本を読めばいいやと思っていましたが、本を読むにも眼帯をつけているから片目で読むこともできません。ラジオも入らない。テレビは観る気がしない。というよりも下を向いてなくてはならないので、音しか聞けない。

ということで、ずっとスマホをいじってましたよ。

目には良くないでしょうけど、もうね、暇すぎて。

21時の就寝後は定期的に看護師さんが回ってきます。

ムフフなことは何もありませんよ。

ということで、眼帯が外れるまではこの日々が続くのです。

覚悟してくださいよ。

手術後の目にとって危険なのは感染症

手術してから入院生活が始まります。

網膜剥離の入院の苦しさは、下を向いていないといけないことです。

例えば、硝子体手術だと、大体半月ほどの入院生活を伴います。

ガスが抜けるのが一週間から二週間。

ガスが抜けなければ退院はできないし、うつ伏せから解放すらされない。

続きを読む

網膜剥離の手術は硝子体手術と強膜バックリング手術

網膜剥離の手術は大きく別けて2種類あります。

硝子体手術強膜バックリング手術です。

結果的にいうと、私はこの両方の手術を受けました。

手術についての詳細は深くは書けませんが、体験記としてどうのように違うのか書いてみたいと思います。

続きを読む